家族の座 with Daso Saito

親との和解:7つのステップ

心の傷と向き合う旅

あなたがあなたの両親につながるということは、あなた自身に近づくことなのです。

家族の座ファシリテーター:斎藤ダソ

斎藤ダソは、1996年にこのワークの創始者バート・へリンガーから直接指導を受け、インド、プネーのOsho瞑想リゾートでは数年間に渡り、各国の訪問者に家族の座の個人セッションを提供してきた。また米国催眠療法協会公認ヒプノセラピストとしてのキャリアもあり、瞑想指導者としても知られている。  

最近ではヒプノシスのトランス誘導を活用したオンラインの家族の座のワークショップを提供するなど、新分野に着手している。

Fachilitator
Daso Saito

斎藤ダソは、1996年にこのワークの創始者バート・へリンガーから直接指導を受け、インド、プネーのOsho瞑想リゾートでは数年間に渡り、各国の訪問者に家族の座の個人セッションを提供してきた。また米国催眠療法協会公認ヒプノセラピストとしてのキャリアもあり、瞑想指導者としても知られている。  

最近ではヒプノシスのトランス誘導を活用したオンラインの家族の座のワークショップを提供するなど、新分野に着手している。

Fachilitator
Daso Saito

親との和解:7つのステップ

心の傷と向き合う7つのステップーーそれは一つ終えたから次へという類いのものではなく、らせん状になっています。どこから始めても良いし、何度もそこに戻ることもできるのです。

ステップ1;傷ついたと感じることは恥ではない
両親があなたにしたことをあなたは許すべきなのか? 成人したあなたは言うでしょう。私はもう十分大人なんだから、今さら文句を言っても仕方がない、と。そうしてあなたの中の傷ついた子供は忘れ去られてしまうのです。まずはじめにその傷を認めること。そこからこの旅は始まります。

お父さん、お母さんへの心を込めた手紙
このワークショップでは、お父さん、またはお母さんに心を込めた手紙を書くというエクササイズをします。それは彼らに送るための手紙ではなく、あなた自身のためにやることです。書き終えたら、ある一定期間それを閉まっておきます。半年後、1年後、もっと先かもしれませんが、思い出した時にそれを取りだしてみます。するとあなたの中の何かが終わっていることに気が付くでしょう。

ステップ2;父親や母親との類似点を見つける
このエクササイズはいろんな局面で作用します。似ているということは彼らとのつながりの感覚をもたらします。でも、ある一定の年齢に達したあなたは違っていたいと思うようになる。自分の人生を生きたいからです。両方の局面から見守って行くなら、あなたは関係性の奴隷ではなくなります。彼らを尊重した形で、自分の人生を歩いてゆけるのです。

ステップ3;私は私の父、母を大人の目で見ます
このプロセスをうまく活用していくなら、やがてあなたは、一人の成人した大人として、両親に向き合えるようになります。それは大きなくつろぎをもたらすでしょう。

ステップ4;両親も時には愛に飢える
子供は両親から十分な愛を受け取れないと、それは自分のせいだと思い込み、傷を抱えます。そして、あなたの両親も、彼らの親から十分な愛を受け取れていません。ここに悲劇の連鎖が生じるのです。このワークでは家族システムの全体像を見て行くので、あなたはより広い視野を持ち、そして深みに潜ってゆく体験をすることになります。

ステップ5;母親、父親との正しい距離
大抵私たちは両親と近すぎる位置にいて、彼らのことが良く見えていません。このワークでは、代理人という人たちの助けを借りて、お母さん、お父さんを部屋のどこかに布置します。あなたは外側から自分の家族を見つめます。多くの気づきがあるでしょう。そしておそらく生まれて初めて、彼らへの深い尊重を感じるでしょう。

ステップ6;私が受け取ったものに感謝します
そして、私が受け取らなかったものは、私は自分で見つけてゆきます。このような言葉が言えるとき、あなたは自分の足でしっかり立っているのを体感するでしょう。ほんとうの自立は、両親への感謝の後にやってくるのです。

ステップ7;人生は重荷? それとも贈り物だろうか?
私の生をくれたお母さんに感謝します。私の生をくれたお父さんに感謝します。そして、彼らの背後には、彼らの両親、その両親がいます。多くの先祖が、、。この中の一人でも欠けていたら、私は生まれていなかった。そのことに感謝したとき、あなたは自然なお辞儀を感じるはずです。

親との和解
7つのステップ

心の傷と向き合う7つのステップーーそれは一つ終えたから次へという類いのものではなく、らせん状になっています。どこから始めても良いし、何度もそこに戻ることもできるのです。

ステップ1;傷ついたと感じることは恥ではない
両親があなたにしたことをあなたは許すべきなのか? 成人したあなたは言うでしょう。私はもう十分大人なんだから、今さら文句を言っても仕方がない、と。そうしてあなたの中の傷ついた子供は忘れ去られてしまうのです。まずはじめにその傷を認めること。そこからこの旅は始まります。

お父さん、お母さんへの心を込めた手紙
このワークショップでは、お父さん、またはお母さんに心を込めた手紙を書くというエクササイズをします。それは彼らに送るための手紙ではなく、あなた自身のためにやることです。書き終えたら、ある一定期間それを閉まっておきます。半年後、1年後、もっと先かもしれませんが、思い出した時にそれを取りだしてみます。するとあなたの中の何かが終わっていることに気が付くでしょう。

ステップ2;父親や母親との類似点を見つける
このエクササイズはいろんな局面で作用します。似ているということは彼らとのつながりの感覚をもたらします。でも、ある一定の年齢に達したあなたは違っていたいと思うようになる。自分の人生を生きたいからです。両方の局面から見守って行くなら、あなたは関係性の奴隷ではなくなります。彼らを尊重した形で、自分の人生を歩いてゆけるのです。

ステップ3;私は私の父、母を大人の目で見ます
このプロセスをうまく活用していくなら、やがてあなたは、一人の成人した大人として、両親に向き合えるようになります。それは大きなくつろぎをもたらすでしょう。

ステップ4;両親も時には愛に飢える
子供は両親から十分な愛を受け取れないと、それは自分のせいだと思い込み、傷を抱えます。そして、あなたの両親も、彼らの親から十分な愛を受け取れていません。ここに悲劇の連鎖が生じるのです。このワークでは家族システムの全体像を見て行くので、あなたはより広い視野を持ち、そして深みに潜ってゆく体験をすることになります。

ステップ5;母親、父親との正しい距離
大抵私たちは両親と近すぎる位置にいて、彼らのことが良く見えていません。このワークでは、代理人という人たちの助けを借りて、お母さん、お父さんを部屋のどこかに布置します。あなたは外側から自分の家族を見つめます。多くの気づきがあるでしょう。そしておそらく生まれて初めて、彼らへの深い尊重を感じるでしょう。

ステップ6;私が受け取ったものに感謝します
そして、私が受け取らなかったものは、私は自分で見つけてゆきます。このような言葉が言えるとき、あなたは自分の足でしっかり立っているのを体感するでしょう。ほんとうの自立は、両親への感謝の後にやってくるのです。

ステップ7;人生は重荷? それとも贈り物だろうか?
私の生をくれたお母さんに感謝します。私の生をくれたお父さんに感謝します。そして、彼らの背後には、彼らの両親、その両親がいます。多くの先祖が、、。この中の一人でも欠けていたら、私は生まれていなかった。そのことに感謝したとき、あなたは自然なお辞儀を感じるはずです。

親との和解
7つのステップ

ワークショップ情報

7つのステップを効果的に進んでゆくためには以下3つの選択肢があります。どこから始めてもかまいません。
1

ZOOMオンラインによるグループワーク。Wifi環境が整っていれば、一人の部屋でくつろいで参加できます。またこのワークを十分体験してきたヘルパーが代理人参加しておりますので、初めての方でも問題なく参加できます。最後に瞑想の時間があることが大きなサポートになります。

年内はあと1回開催されます。

12月5・6日のお申込みリンク

2

2日間のライブのワークショップは年に4回開催されます。定員15名のうち、座を開くことができるのは8名に限定しているので、必ずあなたの座を開けます。その他、代理人参加、ペア参加(カップル、きょうだいなど)の場合は参加費が割引になります。

日程調整中

年に一度開催される3泊4日「家族の座と瞑想キャンプ」は、妙高高原の施設で開催されます。美味しい手作り料理と上質の源泉かけ流し温泉、森に囲まれた癒しの3点セット。心と体のトータルリラクゼーションコースです。

10月31日~11月3日/キャンセル待ち

2021年5月1~5日

3

親との和解:7つのステップ
このワークの基本となる7つのステップが語られている4時間半の字幕入り動画です。ご自身のペースで好きな時に好きなだけ視聴できることが大きな利点です。誰に気兼ねすることもなく、あなたのための癒しの時間としてご活用ください。

詳細ページ


家族の座・マスターコース

家族の座というワークの基礎を学べます。家族の座のトレーナーとして多数の出版物を手がけてきたベルトルト・ウルザーマー氏がわかりやすく解説します。日本語字幕入り。エクササイズ部分は斎藤ダソのトランス誘導です。

詳細ページ

3

親との和解:7つのステップ
このワークの基本となる7つのステップが語られている4時間半の字幕入り動画です。ご自身のペースで好きな時に好きなだけ視聴できることが大きな利点です。誰に気兼ねすることもなく、あなたのための癒しの時間としてご活用ください。

詳細ページ


家族の座・マスターコース

家族の座というワークの基礎を学べます。家族の座のトレーナーとして多数の出版物を手がけてきたベルトルト・ウルザーマー氏がわかりやすく解説します。日本語字幕入り。エクササイズ部分は斎藤ダソのトランス誘導です。

詳細ページ

参加者の声

各コースに参加した方たちの感想文を紹介します。
板倉 由美子(個人事業主)
表面的にはがんばりやさんで通っていたけれど、完璧にやらねばならない思いや、うまくいかないと自分を責める苦しさを抱えていた。それがどこから来るものなのかわからず、息苦しかった。家族の座に参加して、生まれた環境という宿命がもたらした自分の思い込みや行動パターンに気づき、それはじわじわと私を解放してくれている。この座を開くには自分と向き合う勇気や覚悟がいるが、確実に人生は愛おしいものに変わる。
Tachico(クリーン・ランゲージ・トレイニー)
オンラインで個人セッションを受けました。その時私は、動画を視聴して「両親の類似点」のエクササイズをむずかしく感じていました。セッションが始まると、私は私の傍観者でいられ、とても安心してそれを見つめられている空間がありました。終わってから直ぐに涙が沢山沢山溢れてきて、泣き終わると、とても身体が軽くなって散歩に行きました。それは、とても不思議な心地の良い体験でした。母との関係を見たのですが、今までにない開放感と受け入れが私の中で生まれました。そして、昨日は母の日だという言葉を耳にしたら、とても素直にお母さんにありがとう言おうって思える自分がいました。だそさん、他の協力してくださった方、ありがとうございました。
「自分の内側を見る」という類のワークを受ける時には、自分なりに「ここを掘ってみよう」という”めあて”のようなものを持っていますが、家族の座のワークの前では、そのめあては消えてしまいました。自分の人生が、より自分の本質に近づいたものになるための作用点が勝手に浮かび上がり、ファシリテーターのDasoがそれを拾ってくれます。自分の意図しない方向へ癒しが進むことは、とてもタフなことでした。けれども、自分の座を開いたり、他の方の代理人に立つ中で出てくる「台詞」が、そのタフな時間を支えてくれました。Dasoが言っていた”事実をただ事実として見ることができたとき、大きな癒しが起きる”という言葉は、本当にそうだと、いま感じています。
めぐみちゃん

”気づきが得られました”

私は2日間のオンラインコースに参加しました。

家族という広場に登場してきた現存する人、しない人、それぞれの生き様に触れたけれど、そこには自分の狭い体験からのちっぽけな同情心や共感心などが入り込むことがなく、自分自身も含めて、その存在をただただ尊重できた2日間でした。

そして、どんな事情があれ、それぞれの生命が発生した瞬間のエネルギーの大きさと美しさ(愛かも⁉︎)、そして奇跡をみることができました。今は、自分の体よりももっと大きな「私(もっと違う言葉で表現したいけど、言葉が見つからない)」にずっとホールドされて寛ぎとともにあります。

Tamashi
向き不向きは在るかもしれませんが、合宿形式で瞑想で常に自分と向き合うことをコンスタントにする家族の座は、真摯に求める人にとてもお勧めです。そしてそれはオンラインでも可能だという奇跡のような体験を今回することができました。

内側にある思いと、外側から見る事実を冷静に見ることでそこにあった家族の事実、そして自分の思い込みを見る稀な機会です。はっきりみることでのみ、感情や執着は落ちることができるように思います。それぞれの家族の一員がなぜそこにいてどうつながっているのか。それがはっきりみえてくると「家族の星座(配置)」、と言い得て妙だと思うこのワークの真髄が深く響いてきます。そして理解だけではなく、行動や潜在意識のレベルに深くこのワークは波紋を広げていくのを今まさに体験中です。
(オンライン家族の座・瞑想キャンプ参加者)
持田 直子

私が、自分が想う大切な人に少しでも元気でくつろいで暮らしてほしいと願ってお節介を焼くとしたら、このワークを心底勧めます。もちろんその人のタイミングを尊重しつつ、情報だけは伝えたいと思うし、いつもそうしています。

家族の座で体験することは一人一人違うと思いますが、そこにある共通項は、「それまで見えなかったものが見えてきた」ということではないかと思います。その結果が自分をどう導いていくか、それはワークの後から起きてくることですが、少なくとも参加する前と後では自分の立っている場所が変わっていることに気づくと思います。わたしは、だそのファシリテーションを通してこのような体験を積み重ねて来れているので、瞑想と家族の座を組み合わせただそ独自のアプローチへの参加を心底お勧めします。
(オンライン家族の座・瞑想キャンプ参加者)

Tachico(クリーン・ランゲージ・トレイニー)
オンラインで個人セッションを受けました。その時私は、動画を視聴して「両親の類似点」のエクササイズをむずかしく感じていました。セッションが始まると、私は私の傍観者でいられ、とても安心してそれを見つめられている空間がありました。終わってから直ぐに涙が沢山沢山溢れてきて、泣き終わると、とても身体が軽くなって散歩に行きました。それは、とても不思議な心地の良い体験でした。母との関係を見たのですが、今までにない開放感と受け入れが私の中で生まれました。そして、昨日は母の日だという言葉を耳にしたら、とても素直にお母さんにありがとう言おうって思える自分がいました。だそさん、他の協力してくださった方、ありがとうございました。

メルマガ登録

内容をもっと良く知りたい方のために、ステップメール「親との和解:7つのステップ」をご用意しております。

登録はこちらからどうぞ

親との和解:7つのステップ

内容をもっと良く知りたい方のために、ステップメール「親との和解:7つのステップ」をご用意しております。

登録はこちらからどうぞ

親との和解:7つのステップ

グループ会場:五反田イズネス

東京都品川区西五反田2-23-1スペースエリア飯嶋2F
JR五反田駅西口を出て徒歩5分
「成城石井」から「ナチュラルローソン」側に渡り左折。
桜田通りに沿って橋を渡ってすぐ右折。
1階にカードショップがあるビルの2階です。

お問い合わせ

参加前のご質問、ご相談などは随時受け付けております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。